本文までスキップ

ご予約・
ご相談

多焦点眼内レンズにおける
選定療養と自由診療について

選定療養について

老視矯正も目的とする、白内障に対する多焦点眼内レンズ治療は、日本の保険診療においては、今まで先進医療という枠組みで施行されておりましたが、2020年3月末をもって、先進医療からは外れ、選定療養という枠組みで行われることになりました。海外からの輸入眼内レンズ(Finevision、MINIWELL、Acriva trinovaなど)を用いる手術は、これまで通りの完全自由診療となります。

多焦点眼内レンズと
選定療養について

選定療養とは、業界の用語辞典を引きますと、

「社会保険に加入している患者が、追加費用を負担することで保険適用外の治療を、保険適用の治療と併せて受けることができる医療サービスの一種。健康保険法で規定されており、保険外併用療養費制度に基づいたサービスである。」

とあります。

イマイチ、ピンと来られない方も多いと思いますが、同じ選定療養の扱いとなる医療としては、

  • 病院に入院する際の差額ベッド代(大部屋は無料だが、個室は有料など)
  • 歯科治療の金属材料(金歯なら差額代発生など)

などがあります。

選定療養のイメージ

白内障手術(水晶体再建術)に対しては、保険診療で施行し、多焦点眼内レンズと通常の保険診療で使用する単焦点眼内レンズの差額代金+多焦点眼内レンズ手術に必要な追加検査代金が追加費用ということになります。

これまでは、混乱を避けるためもあって、多焦点眼内レンズ手術代金は統一しておりましたが、この制度により、各眼内レンズの値段によって、追加費用が変わることになりました。

選定療養の多焦点眼内レンズ(国内承認IOL)手術費用

当院取り扱いIOL 乱視矯正 片眼(税抜) 両眼(税抜)
テクニスマルチフォーカル
(二焦点回折型)
乱視なし 200,000円 400,000円
アクティブフォーカス
(二焦点回折型)
乱視なし 200,000円 400,000円
乱視あり 250,000円 500,000円
パンオプティクス
(三焦点回折型)
乱視なし 300,000円 600,000円
乱視あり 350,000円 700,000円

多焦点眼内レンズ及び特定検査(コントラスト感度・角膜形状解析)以外は保険診療のため、上記料金に別途加算料金が発生いたします。

日帰り手術の場合
1割負担:片眼 約20,000円
3割負担:片眼 約60,000円

※選定療養で使用可能な多焦点眼内レンズでも、レーザー白内障手術(フェムトセカンドレーザー)をする場合は自由診療となります。

対象となる眼内レンズ

薬事承認された多焦点眼内レンズであって、眼鏡装用率の軽減効果を有するとして承認されたもの、または先進医療の枠組みで評価を受けたものが対象となります。

※海外からの輸入眼内レンズ(Finevision、MINIWELL、Acriva trinovaなど)を用いる手術、及び、フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術(FLACS)はこれまで通りの完全自由診療となります。
対象のレンズについてはこちらを参照ください。

自由診療について

眼内レンズは医薬品ということになり、日本国内の保険診療で使用する際には、薬事法に定められた審査を受け、承認(薬事承認)を得なければなりません。選定療養において使用可能な多焦点眼内レンズは、全て薬事承認を経たレンズということになります。

ただ、世界に目を向けると、新しい多焦点眼内レンズが色々出てきております。勿論、各地域で、日本と同様の承認制度があり、アメリカの医薬品認証はFDA、EU諸国ではCEマークを取得すれば承認を受けた証拠となります。アメリカの企業(Alcon、AMO)は日本の薬事承認を取得しますが、EU企業(ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダetc)は日本の薬事承認を取得する考えが無いため、EU発の多焦点眼内レンズを使用する場合は、完全自由診療となります。

ご存知の通り、日本の薬事承認を取得するには、ある程度の年月が経過してしまうため、自由診療で使用するレンズは、より直近に開発されたレンズということになります。

また、薬事承認を取得した眼内レンズは、製造範囲がある程度決まっており、かなり強度近視眼の方などは、ピッタリと合う度数が無い場合もあります。その場合、EU発の多焦点眼内レンズは、幅広い度数が準備されているので、安心して使用することが出来ます。

対象となる眼内レンズ

対象のレンズについてはこちらを参照ください。

おわりに

レンズについては当然、皆さん、迷われる方も多いですが、患者様の要望を聞いて、院長から一番適したレンズをお勧めすることになります。例えば、右目と左目に別々のレンズ、アクティブフォーカスとテクニスマルチフォーカルを組み合わせる(Mix & match)ということをすることもあります。人間の脳の順応性はそれは素晴らしいもので、そうすることによって、脳が状況によって、優位眼を選択し、日常生活において、ほぼ問題のない見え方を提供できたりします。ただ、これも万人がそうすればよいと言う訳でもなく、院長が自らの経験を基に、患者さんの話を聞いて、目の状態を勘案し、相談しながらレンズを決定するというプロセスになります。

当院での多焦点眼内レンズ診療の歴史も、2008年に開始しましたので、早いもので10数年となりました。日本中でも、先進医療の時代を経て、既に多焦点眼内レンズを挿入された方がたくさんおられ、その多くの方は、なるべく眼鏡に依存しない、快適な生活を行っておられることと思います。

迷っておられるなら、まずは相談してください。より良い人生を歩まれるためにサポートさせていただきます。

まずはお気軽にご相談ください

白内障治療に関するお問い合わせはこちら