本文までスキップ

ご予約・
ご相談

  1. HOME
  2. 多焦点眼内レンズ
  3. Acriva Trinova

Acriva Trinova

Acriva Trinovaとは

AcrivaUD Trinova IOL(アクリバ トリノバ)は、オランダのVSY Biotechnology社が製造している眼内レンズです。光学部はエッジがシャープでない同心円状のパターンとなっていて、ハロ(光の輪状散乱)、グレア(光のにじみ)が少ない構造になっています。中間用として+1.5D、近方用として+3.0Dが加入されていて、さらにEDOF(Enhanced Depth of Focus)という焦点深度を広げる機能を追加して、遠方、中間、近方がスムーズにみえるように設計されています。また、乱視を矯正できるトーリックレンズもあります。2017年10月にヨーロッパCEマークを取得し販売を開始しました。

光の分布

Acriva Trinovaの最大の特徴は、92%の光が遠方から近方に焦点があっており、他の回折型マルチフォーカルに比べ、効率的に使われています。どの瞳孔径でもほぼ同じ光の量が遠方、中間、近方に収束し、明るいところでは遠方41%、中間30%、近方29%に、暗いところでは遠方45%、中間25%、近方30%に光が分布しています。
 要するに光学ロスが少ないため、より見え方の質が良いことが予想されます。

瞳孔径

見え方

Acriva Trinovaの解像力を他のトリフォーカルIOLと比較すると、明るいところ、暗いところともに遠方、中間、近方ともに良好な見え方を示しています。

色収差

Acriva Trinovaのアッベ数(透明体の色分散を評価する指標)は58という高い値を示しており、アッベ数が低い(下右図)ほど色収差(色のにじみ)が発生しやすくなりますが、Acriva Trinova(下左図)は色収差が少なくシャープに見えます。

弱点は?

十分な遠方視力、中間視力、近方視力が得られると考えられていますが、特に近方視力はそれぞれの方の距離感やライフスタイル、姿勢などにも依りますので、足りない可能性もあります。その場合には、眼鏡が必要になることがあります。

診療曜日・時間

診療のスケジュール イメージ

※日曜・祝日はお休みです。
※担当医についてはこちらをご確認ください。

交通・アクセス

地図 イメージ

〒520-0043
滋賀県大津市中央一丁目6-18
びわ湖浜大津駅より徒歩2分 駐車場有り

ご予約・ご相談

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
  • 電話:077-522-2153
  • ※診療時間内におかけください。
  • インターネットでのご予約
  • インターネットで簡単予約
白内障、白内障手術に関するアンケート