本文までスキップ

  1. HOME
  2. 医院案内
  3. 検査機器・レーザー装置

検査機器・レーザー装置

設備紹介

当院で扱っている検査機器、レーザー装置について、紹介します。
常に、現在の最高最新レベルの診療を提供出来るように、設備投資に勤しんでおります。

光干渉断層計
3D OCT(TOPCON社)

光干渉断層計 3D OCT(TOPCON社)

OCTとは近赤外線を利用した眼底の検査機器で、網膜疾患、特に黄斑部病変の診断が今までとは比較にならないほど早期かつ正確に下せるようになりました。

ウェーブフロントアナライザー
KR-1W(TOPCON社)

ウェーブフロントアナライザー KR-1W(TOPCON社)

近視・遠視・乱視以外の屈折異常を、高次収差(=不正乱視)と言います。その高次収差の測定を可能にしたのがウェーブフロントアナライザーです。

光学式眼軸長測定装置
IOLマスター(Carl Zeiss社)

光学式眼軸長測定装置 IOLマスター(Carl Zeiss社)

白内障手術時に挿入する眼内レンズ度数計算に必要な眼軸長を測定する装置です。光学式に、かつ非接触式で測定することによって、従来の接触式超音波Aモードによるものと比較して、はるかに正確な眼軸長データを得ることができます。

角膜形状解析装置
PR7000(サンコンタクトレンズ社)

角膜形状解析装置 PR7000(サンコンタクトレンズ社)

角膜のかたちを等高線図のように色分けすることができます。これにより、術前の乱視の状態に応じた切開創が作成可能ですし、初期の円錐角膜など、角膜疾患の診断も非常に容易になりました。乱視矯正用の眼内レンズを使用する際には必須のけんさとなります。

無散瞳眼底カメラ
Optos Daytona(中央産業)

無散瞳眼底カメラ Optos Daytona(中央産業)

糖尿病の経過観察や、飛蚊症などの異常を訴える患者様たちにとって、眼底写真撮影は記録に残しておくためにも大切な検査です。従来の眼底撮影機では、中央部分しか撮影することが出来ず、周辺部まで観察しようと思えば散瞳(瞳を大きく広げること)して、直接眼底を観察せねばなりませんでした。このマシンは瞳を広げなくとも、周辺部まで撮影可能な画期的なマシンです!(詳細は院長コラムをご参照ください)

静的視野計ハンフリーフィールドアナライザー(Carl Zeiss社)

静的視野計ハンフリーフィールドアナライザー(Carl Zeiss社)

主に中心部の視野を測定する検査機で、緑内障の早期発見、進行具合のチェックに使用します。

手持ち眼圧計アイケア
(エムイーテクニカ社)

手持ち眼圧計アイケア (エムイーテクニカ社)

通常の眼圧計は風を角膜に当てて測定しますが、苦手な方もおられます。この手持ち眼圧計を使用することで、痛みもなく再現性の高い測定結果が得ることが出来、またお子様でも容易に眼圧測定することが可能です。当院では白内障術直後にも眼圧を測定し、しっかりと創が閉鎖しているか確認しております。

角膜内皮スペキュラー
SP-300P(TOPCON社)

角膜内皮スペキュラー SP-300P(TOPCON社)

角膜内皮細胞密度の測定は、白内障術前の手術適応の決定、および、術後の経過観察に必須の検査です。オートアライメント方式により、瞬きが多かったり固視の苦手な患者さんでも確実に撮影出来ます。また、角膜の厚みも測定出来ます。

後発白内障+緑内障用レーザー装置
Tango (ellex社)

後発白内障+緑内障用レーザー装置 Tango (ellex社)

白内障術後に起こり得る後発白内障の治療、及び、緑内障の眼圧下降の為に用いるレーザー装置です。緑内障レーザーに関しては、従来なら手術が必要だった症例でも、レーザーで治療可能な場合があります。

網膜レーザー光凝固装置
PASCAL (TOPCON社)

網膜レーザー光凝固装置 PASCAL (TOPCON社)

従来の網膜光凝固装置に比して、患者様の痛みや手術時間短縮が図れる、画期的なハイテクレーザー装置です。詳細はコラムをご参照ください。

エキシマレーザー
ALLEGRETTO WAVE Eye-Q(Alcon社)

エキシマレーザーALLEGRETTO WAVE Eye-Q(Alcon社)

このマシンがLASIKの際に使用するエキシマレーザーです。周波数は400Hz、要するに1秒間に400回レーザーを照射し、1D(ディオプター)の近視を矯正するのに照射時間は約1.7秒です。1Dと言ってもイメージが湧かないかもしれませんが、裸眼視力0.1前後の方で3~4Dの近視ですから、その矯正にかかるレーザー照射時間は5~7秒程度ということになります。また、角膜周辺部に対するレーザー照射のエネルギーロスを補正しますので、より自然な角膜に近い形でレーザー照射することが可能です。

前眼部OCT+角膜形状解析装置
SS-1000 CASIA(TOMEY社)

前眼部OCT+角膜形状解析装置:SS-1000 CASIA(TOMEY社)

角膜混濁眼でも前房や隅角を観察出来る、前眼部OCT機能も優れておりますが、何より、高速で角膜・前房内全周の撮影ができ、LASIKでは不可欠な角膜後面の異常や、不正乱視を的確に検出可能です。また、院長の専門である白内障手術に関して言えば、OKLIXというソフトを搭載しており、光線追跡法という新しい手法で眼内レンズ度数を決定することも出来ます。この機能は、今後増大することが明らかなLASIK術後の白内障手術において、絶大な力を発揮致します。

その他

  • オートレフケラトメーター(近視・遠視・乱視・角膜曲率測定)
  • 非接触式眼圧計
  • ゴールドマン動的視野計
  • Hessチャート(眼球運動の測定)
  • 超音波Aモード(眼軸長測定)
  • 超音波Bモード(眼底観察困難な症例の超音波エコー検査器)
  • 両眼式定屈折近点計(調節力の測定)

など、多数の設備を揃えております。

診療曜日・時間

診療のスケジュール イメージ

※日曜・祝日はお休みです。
※担当医についてはこちらをご確認ください。

交通・アクセス

地図 イメージ

〒520-0043
滋賀県大津市中央一丁目6-18
浜大津駅より徒歩2分 駐車場有り

ご予約・ご相談

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
  • 電話:077-522-2153
  • ※診療時間内におかけください。
  • インターネットでのご予約
  • インターネットで簡単予約
白内障、白内障手術に関するアンケート