本文までスキップ

  1. HOME
  2. 目の病気
  3. 涙目(なみだめ)/ 鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

涙目(なみだめ)
鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

涙目(なみだめ)/ 鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

涙は悲しい時や目にゴミが入った時にだけ出てくるわけではなく、普段気付かないうちにも分泌されています。涙は上まぶたの外側にある涙腺という所で作られ、目頭の上下にある小さな点(涙点)から細い管(涙小管)を通って涙嚢という袋にたまり、さらに鼻涙管と呼ばれる管を通って鼻の奥に抜けていきます。

涙の通り道が細くなったり詰まってしまったりすると、涙は悲しくなくても作られる為、目からあふれてしまう事になります。逆に、何らかの刺激で涙が過剰に作られても、同じ症状がおこります。これを一般的には「涙目」、医学的には「流涙症」と言っております。

流涙症になると、患者さんはよく、「常に目が潤んだ感じでうっとうしい!」という言葉を使われます。その他、「めやにが溜まりやすい!」「涙でぼやけて見える!」といった症状を訴えられます。ひどくなると、涙でまぶたがただれてしまったり(眼瞼炎)、涙嚢が細菌感染してしまい、目頭から膿がでたりすることもあります(涙嚢炎)。

特に多いのが鼻涙管の閉塞で、お年寄りの方(特に女性)や赤ちゃんにみられることがあります。赤ちゃんの場合は、自分で症状を訴えることはできませんが、毎朝めやにが目が開かないほどついていたり、拭いても拭いてもめやにが出てくる為に発見されます。

「涙目」の方が来院されると、涙の通り道がちゃんと通っているかを検査します。涙点から細い管を入れて涙道に食塩水を通し、鼻からのどに水が通過するかを調べるものです。水が通過せず逆流する場合は涙道閉塞と診断できます。

涙道閉塞の中でも、涙嚢から先がつまっている鼻涙管閉塞の場合は、特殊な金属の棒(涙道ブジー)を挿入し涙道を拡げる「涙道プロービング」、涙点から鼻へシリコンチューブを通して閉塞部を拡げる「涙管チューブ挿入術」、人工的に鼻側に排出路を作成する「涙嚢鼻腔吻合術」などの治療法があります。涙嚢よりも手前で閉塞している涙小管閉塞の場合は「涙管チューブ挿入術」が第一選択となります。

涙の通り道が通っているにも関わらず「涙目」をおこしている場合は、加齢変化で白目の皮(結膜)がたるみ、堤防のように涙が涙点に達するのを邪魔していたり、結膜炎などの刺激により涙の分泌が増えていたり、はたまた白内障の初期症状だったりと、様々な原因が考えられ、それに応じた治療が必要になります。

涙目、流涙症でお困りの方は、何なりとご相談くださいませ。

(産経新聞「家庭と健康」に掲載された森井勇介院長執筆の記事を転載しました。転載許可あり。)

診療曜日・時間

診療のスケジュール イメージ

※日曜・祝日はお休みです。
※担当医についてはこちらをご確認ください。

交通・アクセス

地図 イメージ

〒520-0043
滋賀県大津市中央一丁目6-18
浜大津駅より徒歩2分 駐車場有り

ご予約・ご相談

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
  • 電話:077-522-2153
  • ※診療時間内におかけください。
  • インターネットでのご予約
  • インターネットで簡単予約