本文までスキップ

  1. HOME
  2. 医院案内
  3. 医師のご紹介
  4. 鄭 守

医師のご紹介

鄭 守(網膜硝子体手術担当非常勤医師)

経歴

鄭 守
鄭 守(てい まもる)
医学博士/
日本眼科学会認定眼科専門医
  • 昭和43年生まれ
  • 昭和61年  私立洛星高校卒業
  • 平成5年  慶応義塾大学医学部卒業
  • 平成7年  慶応義塾大学眼科研修医修了
  • 平成7年  京都府立医科大学眼科学教室入局
  • 平成8年  京都府立医科大学大学院(眼科学)入学
  • 平成8年~平成10年  ハーバード大学スケペンス眼研究所研究員
  • 平成11年  京都府立医科大学大学院(眼科学)卒業
  • 平成11年  京都府立医科大学病院眼科修練医
  • 平成19年  ~現職

専門領域

網膜硝子体

研究テーマ

低侵襲硝子体手術、治療的網膜内血管新生、硝子体手術システム・器具の開発

論文

4ポート25G硝子体手術システム(解説)

Author:
鄭守(京都府立医科大学 大学院視覚機能再生外科学)
Source:
眼科手術19巻2号 Page185-188(2006.04)

25G経結膜硝子体手術リング(解説)

Author:
鄭守(京都府立医科大学 大学院視覚機能再生外科学)
Source:
眼科手術18巻3号 Page369-372(2005.07)

一言メッセージ

可能な限り多くの医療情報を提供し、苦痛や障害を最小限に抑えるように最善を尽くすことを使命と考え、日々診療に励んでいます。
これまで良くならないとされていた病気の治療法を見つけることを目標に研究に取り組みたいと考えております。眼の調子が悪い、見えにくい、と感じられたら、我慢しないで直ぐに眼科を受診して相談してください。

院長より

鄭先生は、京都府立医科大学の研修医時代に初めて巡り合いました。
大学病院に偉い先生をお招きし、講演を聞く「セミナー」というのが週1回あり、鄭先生がその統括者で、僕が担当として配属されたのが御縁の始まりです。眼科学だけではなく、人生観等、色々と学ばせていただいております。
その後、網膜硝子体外科医の道に進まれ大活躍しておられます。後輩の僕が論ずるのも何ですが、手術は非常に丁寧です。網膜硝子体疾患に関しては全幅の信頼をおける、心強い先生です。

診療曜日・時間

診療のスケジュール イメージ

※日曜・祝日はお休みです。
※担当医についてはこちらをご確認ください。

交通・アクセス

地図 イメージ

〒520-0043
滋賀県大津市中央一丁目6-18
びわ湖浜大津駅より徒歩2分 駐車場有り

ご予約・ご相談

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
  • 電話:077-522-2153
  • ※診療時間内におかけください。
  • インターネットでのご予約
  • インターネットで簡単予約