本文までスキップ

  1. HOME
  2. 白内障手術
  3. ファインビジョントリフォーカル眼内レンズ

ファインビジョントリフォーカル眼内レンズ

ファインビジョントリフォーカル眼内レンズとは

ファインビジョンロゴ

ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠くと近くと中間距離の3点に焦点が合う眼内レンズです。構造は、遠くと近く・遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっています。

ファインビジョン眼内レンズ

現時点で使用できる世界最先端の多焦点眼内レンズです。院長コラムでもこのレンズのことを述べておりますので是非ご覧ください。



従来の多焦点レンズとトリフォーカル眼内レンズの違い

最大の違いは何と言っても、中間距離にピントが合う事です。わかりやすく解説している動画をご覧ください。

従来の多焦点眼内レンズ トリフォーカル眼内レンズ
焦点 遠近の2焦点 遠中近の3焦点
保険適応 適応外 適応外
先進医療特約 対応 対応不可・自由診療

ファインビジョン手術費用

ファインビジョン
(乱視なし)
ファインビジョン
(乱視あり)
ファインビジョン両眼
手術費用
1,080,000円(税込) 1,188,000円(税込)
  • ※完全自由診療にて検査費や薬剤代も含んでおります
  • ※入院をされる場合別途料金がかかります

白内障手術の感想

大津市 57歳 女性

私が白内障と診断されたのは55才の時です。白内障と言えばかなり高齢の方の病気という印象を持っていたので、50代半ばにしてずい分老化が進んでしまったとショックを受けました。それでも、最初のうちは、50代で手術を受けようとは夢にも思っていませんでした。ところが、日がたつにつれ、視力が少しずつ低下していくと同時に、特に逆光の時のまぶしさがひどくなり、車の運転時や歩行中に危険を感じることが増えてきたのです。

そこで、白内障の手術を受けるのはどこの病院がよいかネットで検索してみることにしました。大きな総合病院ではなく、白内障の手術経験が豊富な個人病院で、自宅から通いやすい場所という条件でヒットしたのが森井眼科でした。森井眼科のホームページでは、白内障の手術について細かい点まで詳しく説明されているだけでなく、手術実績や患者アンケートの結果が公開されていました。また、院長先生のコラムには、先生の誠実で温かいお人柄がにじみ出ていて、この病院・この先生なら安心して診ていただけると感じました。そして、実際に検査と診察をしていただいた時には、先生だけでなくスタッフの皆さんも優秀でプロ意識をもった方々だということがわかり、心強く思いました。

さて、白内障手術を受けることを決心したものの、最大の悩みは、1点だけに焦点が合う単焦点レンズにするか、遠近2点に焦点が合う多焦点レンズにするかということでした。私は英語関係の仕事をしているので、英文の原稿や辞書などの細かい文字を読まなければなりません。また、車の運転をするので、遠くも見えなければ困ります。さらに、パソコンで作業をすることも多いですし、趣味で弾くピアノの楽譜も見たいので、色々な距離のものがスムーズに見えるというのが理想でした。しかし、たとえ遠近2点に焦点が合うレンズにしたとしても、中間距離を見るときはメガネが必要になる可能性があり、保険がきかない高額な出費に見合うものなのか判断がつきかねていたのです。

そのことを院長先生にご相談すると、最近は遠中近の3点に焦点が合うトリフォーカルの多焦点レンズが出てきているので、それにしたらどうかと提案してくださいました。機能としては私の理想にぴったりでしたし、費用は遠近の2焦点よりも少し高くなるものの、現在と今後の自分のライフスタイルを考えると、投資をするだけの価値があると確信できたので、その場でトリフォーカルに決めました。長く仕事を休めないので、両目を同時に手術していただくことにして、一泊の入院もお願いしました。ここまで決まると、手術を受けるのが楽しみになり、事前に不安を感じることはほとんどありませんでした。

とはいえ、実際に手術室に入った時には、さすがに緊張しました。手術そのものは両目同時でもそれほど時間もかかりませんでしたし、強い痛みを感じることもありませんでした。しかし、手術室の張り詰めた空気、多くのスタッフの声、器具のカチカチという音、機器の電子音などで否が応でも緊張感が高まり、手術直前に渡されていたリラックスボールを固く握りしめてしまいました。両目を同時に手術していただいたことで、この緊張感を味わうのが1回で済んだことも有難かったと思います(*^-^)。

手術の後は保護メガネをして病室で過ごしました。病室も快適でしたし、看護師さんをはじめスタッフの皆さんが優しくしてくださり、心身共にゆっくり休むことができました。夕食には、何と院長先生のお母様のお手料理をご馳走になることができました。お母様のお心のこもった家庭料理は何だか懐かしい味がして、「手術を受けて入院している」という自分の立場をしばし忘れて楽しませていただきました。どのおかずも本当に美味しくて、退院後にその中の一品を真似をして作ってみましたが、お母様の味には遠く及びませんでした。こんなに美味しいご馳走をいただけるのなら、片目ずつの手術にして、もう1回入院させていただけばよかったなあと少し後悔しました(*^-^)。

手術当日はぼんやりとした見え方でしたが、翌日の朝からは近くも遠くもクリアに見えるようになり、見えすぎて少し戸惑うほどでした。小学生の時に近視になって以来、遠くが見えないのは当たり前でしたし、ここ数年は白内障のせいで白く濁って見えていた上に老眼も進み始めていたので、それらの悩みが一気に取り払われたのは本当に夢のようです。実際には焦点が合わない距離もあるはずなのですが、遠くから手元まで切れ目なく見えているような感じがします。

多焦点レンズの欠点として、暗いところで強い光をまぶしく感じる「グレア」と、光の周辺に輪がかかって見える「ハロー」という現象が起こる可能性があるという説明をお聞きしていました。今のところ、前者はあまり感じませんが、後者はかなり感じます。手術後に初めて夜間に運転をした時には、信号も先行車のテールランプも対向車のヘッドライトも全てに輪がかかって見えて驚きました。数日するとある程度慣れてきましたし、そもそも私は夜間に運転することが滅多にないので、この点は大きな問題ではありません。しかし、夜間に運転をする機会が多い場合には、気になる方もいらっしゃるのではないかと思います。

50代半ばで白内障になったことで最初は戸惑いましたが、そのおかげで森井眼科との出会いがあり、近くも遠くもクリアに見えるようになったわけですから、今では本当によかったと思っています。森井眼科には高度な技術を提供していただいたのはもちろん、患者の気持ちを尊重し思いやる姿勢も見せていただきました。今後は私自身も、目がよく見えるようになったことに感謝しつつ、周囲の人々への思いやりを忘れず、自分がやるべき仕事に誠実に取り組み、新しいことにもどんどん挑戦していきたいと思います。院長先生、お母様、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。

白内障手術について

白内障手術をご希望される方へ

白内障手術をご希望される方は、まずはお電話かメールでお問い合わせください。
まずは診察させていただき、手術適応かどうかを判断いたします。
随時行っております白内障術前説明会の日にご予約ください。
※散瞳検査をさせていただくこともあるため、念のため、公共交通機関等でお越しください。

診療曜日・時間

診療のスケジュール イメージ

※日曜・祝日はお休みです。
※担当医についてはこちらをご確認ください。

交通・アクセス

地図 イメージ

〒520-0043
滋賀県大津市中央一丁目6-18
浜大津駅より徒歩2分 駐車場有り

ご予約・ご相談

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
  • 電話:077-522-2153
  • ※診療時間内におかけください。
  • インターネットでのご予約
  • インターネットで簡単予約
白内障、白内障手術に関するアンケート